読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三日坊主n回目

ここを見てる2人か3人程度のユーザーの為にもマトモな文章を書く練習をする場所

こんな所を見てしまう人向け情報

ここを書き直した日 4/15/2017

Q.この人誰?

A.爬虫綱トカゲ亜目ゲームへたくそ下目反応速度ゴミクズ科判断力皆無属ノウナシトカゲ 名をはるとすと申す

 

Q.なんではるとすなの?殿下って誰?姉上って?

A.親戚にドイツ人がいたから適当にハルトマンって名乗った名残です。今でもごく一部からはるとまんって呼ばれたりします。殿下はあとから付いた(理由忘失)。姉上は僕が長女の3人姉弟だからです。

 

Q.本当に結婚してるの?

A.してます。fmtmittanってIDの人が旦那です。彼も大概にアホです。

 

Q.結局何者なの?

A.剣道に15年くらい人生をぶっこんだ元物書き、今パンピー。筆を折った過去がちょっと辛い。

 

主な話題:FGO、グラブルポケモン他時節のゲーム、コスプレ少々。

頻度の低い話題:FF14(tiamat)、アイマス関連

他にも通じそうな話題:PSOPSO2FF11等昔のネトゲ、チャロン、ゲーセンの話、ロボ

 

生態:

心臓病を患ってたり、大層胃が弱かったり

旦那に餌付けされていたり。

酷い腱鞘炎から来る関節のダメージが自転車に乗っている最中に現れたり

左手をミシンで縫ったせいで色々引きずる羽目になったり。

吐血とかよくします。面白がってください。

 

腐のオーラを纏っています

今はもっぱら鯖ぐだとか四騎士、グラン君受け的な感じ

ガウェぐだとエドぐだとパーグラが主なウェイトを占めています

あんまり表に出さないように注意はしております

丁度3年ほど前にぷにあなDXを買って凄く後悔したことがある。

高校を辞めて物書きの真似事をしてしばらく食い繋いでいた頃、周りにはそれは濃い喪女や腐女子で溢れており、また自身も今ほど解放的でなく性欲も薄かったにせよ腐女子だったため、色んな出来事があった。

そんな出来事の中の一つにオナホとの出会いがある。知人の一人が何故かオナホを大量所持しており、

「このオナホすげえんだよ!ぜってえチンコはいらねえもん!」

と叫びながらロリ系オナホを見せ付けてくるなど大変濃い人物だったのだが、こちらもそのアホな腐女子に大変世話になっていたり未だに通ずる性知識を授けて頂いた上自分もやっぱり興味深々なアホ女だったのでその人物と三日くらいずっとオナホを弄って遊んでいた。

そうするうちに自分でも興味が湧き、当初は非貫通型のオナホを3つくらい買って指を突っ込んでは

「おお…これはすげえ…そりゃあこんなのにちんちん突っ込んだら凄いよ…」

「自分の股にこんな凄い機能があるのだろうか」

などとアホな事を考えながら遊んでいたのだが、ふと前述のアホの家にあった据置オナホに興味を持ったのが運の尽き。数日後には重量数kgのぷにあなDXが家に届いていた。意外と安くて、6000円くらいだったと思う。

 

ぷにあなDX、その名に違わずロリ系なので割と締め付けが強く、指を突っ込んだだけでもああこれはキツい、さぞ苦しいだろうなどと感じてしまう一品なのだが、なんとこのオナホにはアナルが存在する。お尻の穴がある。これが凄かった。

何しろ普通のオナホは大抵の事前の穴を想定したデザインなので、直腸を想定したオナホというのにしばらく興味を取られ、あまりに面白くて1時間くらい指突っ込んでこれが小学生アナルか~~~!などとバカな事を考えていたのは今でも覚えている。これ書き出すと凄いバカだね。

その他にもパンツを穿かせたりして遊んでいたのだが、こんなアホな文章を読む皆さんならよく知るあの形状にパンツとかスク水とか被せると本当に生々しい。あまりに生々しくてちょっとギョっとしたし、なるほど扇情的だとか思っちゃうくらいには凄かった。コスプレ用のスク水とか買ったりしてしばらく遊べた。

あと、上部に洗浄用か空気抜きか貫通穴がついているんだけれど(サイズ的にちんちんが飛び出す位置ではない)、そこからCCレモンを突っ込むと丁度前の穴から漏れてきてお漏らしっぽくなってそれはそれは面白くてうわぁーい!!って叫んじゃったのですが、20そこらの女が風呂場でオナホもって叫んでる光景があまりに辛くてこの辺で限界が来て、引越しの時に邪魔だったので洗って知人男性に譲った。その節はごめんR君。

僕は凄く後悔しましたが、ぷにあなDXのあのサイズが邪魔にならないご家庭であれば結構面白いので購入を考えても良いかなと思います。

退院して5日ほど経ちました。

そそくさと東京に戻りまして、昨日は東京の病院へ顔を出して、再度説明を受けて。

2週間ぶりに顔を合わせた旦那に顔を触られて、顔の肉が減ったと言われたりしました。

 

いざ日常に戻ろう!となって、術後の痛みを少しひきずっているなあというのが分かってきて、今は結構苦しんでいるところです

さっきも1時間くらい、痛くて転がっていたりして。

ここまで酷いとは思っていなかったので痛み止めも特に貰っていないし、頭痛の時に飲んでいたロキソニンは大丈夫なのかとか特に聞いていなかったので、結構大変。こういうのはやっぱりもっと対策を取るべきだった。

 

んで、今は血栓予防の薬を飲んでいるので、納豆と緑黄色野菜の食べ過ぎについて非常に厳しく言われるんですが、それと同時にお酒も厳しく言われるんですよね。お酒を飲んだらしばらくはお薬飲んじゃ駄目よ、という具合に。

つまり朝飲んだり、時間をズラす形になるんですが、これを厳密にやるのが結構難しい。どっかで飲み忘れとかが出たりする。

結果楽なのは断酒なんだけれど、これも付き合いがあんまり良くないし、何よりさびしい。

そして納豆が食べられないのが辛い。

手術を受けました。

いわゆる弁膜症というヤツを患っており、先天的な物かごく幼い時期に発症したのかという所までは覚えていませんが、とにかく、ずっと運動制限だとか経過観察だとかを受けてきたんですが、この度ついに治しました。

身体の成長に合わせて症状が軽くなる可能性があったり、極端な症状が出ていなかったために二十年ほどずうっと経過観察をしていたところで、半年ほど勤めていた靴屋の仕事がハードだった事が引っかかってか、酷く重態化しまして、それでとうとう手術する事に。

それまでも、そこまで状況が改善していない事を踏まえて、いつか手術するかも知れない、手術する場合どうするか、といったようなやり取りをしていたので、そのいつか、が前倒しになったようなモノで、親戚や実家にも色々と取り計らって貰って、かなりスムーズに事は運んだのですが、いざ手術の前となるとちょっと怖かったりして。

検査受けて実家帰って実家近くの大病院へ入院してその週の間にハイ手術!は、かなり運にも恵まれたな、とは思いながら、明日の退院を控えてこの記事を書いております

つらつらと散文を並べましたが、とりあえず手術に成功して、健康体でさっくりシャバに出られた事が大変嬉しい。医者にも健康過ぎるとお墨付きを頂いたので、様子を見つつさっさと東京に帰って次の仕事先の挨拶や紹介元の病院への顔出しを済ませたいなあと思います。

年明けてから一度も書いてませんでした。あけましておめでとうございます。もう2ヵ月半経ってます。

 

ここ数ヶ月の動向ですが、まず結婚しました。詳細はまあ何てこともないので概ね省きますが、5年間という長きに渡る駄目駄目生活に終止符を打ち同居してやろうじゃねえか!という機運の中で結婚した感じです。とにかくぐっだぐだなのにお祝いしてくださった皆様には頭が上がりません。

旦那の部屋を引き払い夏ごろを目処に同居をするため、今は準備中。僕と旦那でひたすら物を増やし続けたワンルームを片付けるのに難儀している所です。

 

そんな話の間に挟まって、冬コミでコスプレなどしておりました。

きっかけは知人に、「君の寸で衣装をあげるから着てみようよ」という謎の発言。最初はセイバーの私服を貰って、その次に冬コミの日程にギリギリ滑り込ませるように桜セイバーの衣装を貰ったのが決まり手。

もう一つは別な友人らと、グラブル合わせしようと誘われたところから。

本当はグラブルのドロシーをやるつもりで、衣装制作を始めたのだが、最後の最後で左手を派手にミシンで縫ってしまい、こちらは瓦解。沖田の衣装を受け取り、3日目に挑戦、といった感じ。

3日目に旦那に慌ててぐだ男をやらせ、ぐだ沖のペアでコスをしていました。

……なーんて事があった結果、コスや造形が好きな知人連に完全に捕捉され、今度スタジオで撮ってみよう!という誘いを受けてしまった。

急でばったばたしてしまった沖田とぐだにリベンジしてきます。